かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

2016-09-29から1日間の記事一覧

第100話「Sくんの面談で。酷いな…と思うのは私だけ?」【2016年9月】

後期の個別指導計画書に向けて、小学校で面談を行いました。参加者は、校長先生、教頭先生、担任の先生、支援員の先生、LD等通級教室の先生、以前からいる方の育成学級の先生、障害者支援相談員さん、私の8人です。 まずは、私から、本人の願いと保護者の願…

第99話「許す心は誰の為?」【2016年9月】

人数が少ない学校で、お互いの遊びたい遊びが一致しない事はあります。Sくんが誰を誘っても遊んでもらえず、一人ぼっちになったと、帰ってきて号泣してしまった事がありました。 虐めや嫌がらせでなくても、一人になる事はあり得るので、絵を描いたり、本を…

第98話「Sくんと、さよなら先生」【2016年9月】

夏休みが明けてから、二人いたはずの育成の先生がいないとSくんが言いました。風邪かな?研修かな?くらいに思っていたら、突然の退職だったらしく、しばらくは若い先生が一人で4人をみてくださっていました。9月に入り新しい先生が来られました。 退職され…

第97話「感動ポルノと障障介護の現実」【2016年8月】

私は幼い頃から重度障害者が出演するテレビが怖くてたまりませんでした。「障害に生まれたら真っ直ぐに頑張るのが当たり前」と言われているようで、それが怖かったからです。実際によく比べられて叱られたりもしました。また、それを見て感動して泣く人がい…

第96話「SくんのSST(ソーシャルスキルトレーニング)の為に。誰がそれを担当するのか。」【2016年8月】

夏休みに宿題と並行して取り組み始めたのは、SくんのSST(ソーシャルスキルトレーニング)。インターネットでプリントを見つけてSくんと何枚かやってみたり、専用の本を読んでみたり。しかし、親子間でこの先も取り組んでいけるのか疑問でした。 病院の先生…

第95話「弟Aくん、勉強に目覚める?!入れ替わるかいじゅう兄弟」【2016年8月】

夏休みの宿題をするSくんの傍で、めきめきと勉強に興味を示す弟Aくん。ひらがなを読み始め、足し算や引き算がいつの間にかできるようになっていました。生活の様子もお兄ちゃんに追いついてしまい、お友達とお泊まり会をするまでに、お風呂に一人で入れるよ…

第94話「Sくんの夏休み、書く事の限界」【2016年8月】

夏休み前半は育成対応に中身をすり替えてもらった復習プリント60ページを。内容は国語と算数。一日4ページずつやり終えてから、後半は自分でやると決めた大量の自由研究に取り組んでいました。 夏休み前半は通院日以外はほとんど勉強していました。私はずっ…

第93話「クララとハイジ。遅すぎる!Sくんの個別指導計画書」【2016年7月】

もうすぐ夏休みです。……が、Sくんの前期の個別指導計画書ができていませんでした。他校では4月の家庭訪問で受け取りしたと聞いています。……だいぶ、遅いですよね?仕方ないので、児相の予約日を知らせて、そこで提出するから間に合わせてくださいと伝えまし…

第92話「相模原障害者施設殺傷事件に驚かなかった事」【2016年7月】

相模原障害者施設殺傷事件は私にとってタイムリーな出来事でした。ヒトラーの思想が降りてきた?犯人は「重度の障害者は生きていてもしかたない。安楽死させたほうがいい。」との考えを持っており、”あれ”は正義だったと主張しました。PTAを始め、私の周りで…

第91話「激しい障害者差別の末に小学校のPTAを免除されました。私が障害者であることを全保護者へ周知するプリントを配布する形で。」【2016年7月】

参観日、すいている教室で。足が痛くて座って見ている私の前に繰り返し保護者が立って、参観を見えなくする妨害を受けました。「地域から出て行け」と嫌がらせをされたり、「障害者のくせに生意気だ」と悪口を言われたりもしました。”PTA会長が歩み寄ってい…

第90話「Sくんは自分で選びたい!単位を取るような授業の受け方」【2016年7月】

7月から学校の行き帰りをヘルパーさんの付き添いに戻しました。集団登校班も恵まれたメンバーで安定していました。 Sくんは「LD等通級教室以外、ずっと育成学級にいたい」と言いました。日によっては、4時間くらい育成にいる事もありました。育成学級で、と…

第89話「Sくん、やっと!育成学級への逆交流の開始」【2016年6月】

運動会の朝、Sくんが「学校へ行かない」と言い出しました。理由を聞くと、「ママが病気でPTAをしていないから行事には行けない」と言うのです。子供達の間でもそんな会話がある事に驚きました。 なんとか運動会には参加しましたが、吐き気が止まらず、手に袋…

第88話「弟Aくんは悪くないよ、距離を置く対策」【2016年5月】

弟Aくん:「ぼくヘルパーさんと二人で行ってくるわ!ママはお家で休んでて!」 4月から弟Aくんは年中さんになり、週2回の療育は、ヘルパーさんとだけで行ってくれるようになっていました。丁度、私がSくんのお迎えへ行かなければならなくなり、体調的に限界…

第87話「突然の、送迎の打ち切り!誰がSくんに付き添うか」【2016年4月】

突然でした。PTAの事でもめたからでしょうか。学校側が、月末にいきなり、翌月からSくんの送迎を減らすと言うのです。ヘルパーさんは手配していないし、不登校から完全に脱していなければ、またヘルパーさんキャンセルの迷惑をかける事になるかもしれません…

第86話「ブラックPTAの障害者差別」【2016年4月】

私は三年の学年委員になっていました。障害がある為にできない事もある、学年をこえて引き受けなければならない役について、PTA会長へ、病状説明と配慮を求める手紙を渡したのですが……。 病気がある証拠に「障害者手帳の中身を見せろ」と迫ってくる始末。病…

第85話「Sくん三年生、先生による送迎で、再び学校へ」【2016年4月】

3月に不登校になってから、久しぶりの学校でした。毎朝、代わる代わる先生がやって来て、Sくんを”応援しているんだよ”という体制作りが始まった感じがしました。集団登校班も代替えして安定した雰囲気でした。 三年生のクラスは14人で、新しい女性の担任の先…

第84話「法改正後(障害者差別解消法)のSくんの面談で」【2016年4月】

2016年4月1日、障害者差別解消法が施行されました。新学期に向けて、新しい先生方と面談をしました。校長先生、新しく赴任した教頭先生、教頭の先生、新しく赴任した担任の先生、支援員の先生、新しく赴任した育成学級の先生二人、障害者支援相談員さん、Sく…

第83話「面談、Sくんと記憶喪失の先生たち」【2016年3月】

面談の数日前に京都市市役所へ行きました。市議会議員さんにお話を聞いてもらう為です。お家の方がまずは不登校である事を受け入れてやって下さいという話と、やはり、引越しを視野に入れて下さいという話でした。 さて、数日後の面談で。Sくんに対する虐め…

第82話「弟Aくんのストラテラ開始……。」【2016年3月】

Sくんが不登校で家にいるので、弟Aくんも保育園へ行くのを嫌がりました。が、私の体力で二人は見られないので、Aくんには保育園へ行ってもらっていました。 そんなAくんに、ストラテラの処方の話が出てきました。以前のピーク時よりだいぶマシにはなりました…

第81話「Sくんを放ったらかしの小学校、長引く不登校ライフ」【2016年3月】

学校側はもうSくんはいない物と思っているのでしょうか……。不登校になったら、担任の先生が声かけに来ると思っていたのですが、誰も来ませんでした。プリントや宿題がポストインされる事もありませんでした。 朝、連絡しても、「吐いているのでお休みします…

第80話「Sくんの決心、さよなら小学校!」【2016年3月】

Sくん:「学校へは行かないよ。でも、LD等通級教室だけは行きたいから、お母さん、週に1回付き添ってくれる?」 いいよと言って、金曜日のお昼ごはんを食べた後、学校へ向かいました。他の日は学校を休んでいました。 学校に近付くにつれて、Sくんの体調が悪…

第79話「Sくんの二次障害」【2016年3月】

Sくん:「学校には悪魔がいる。」 学校へ行く準備をすると、体調が悪くなるようになりました。学校には悪魔がいるそうです。頑張って出発してみても、道で吐いて帰ってきり、準備中に吐いたりしました。二次障害です。もう、学校へ行くのは無理です。 学校の…

第78話「PTA役員選出から見る合理的配慮」【2016年2月】

ずっとこの問題から離れられずにいました。私には障害があるから、健常の皆さんと同じようにはPTA活動ができないと話してきましたが、理解は得られず。役員選出は大混乱になったそうです。(選出会議は体調不良でERへ行く事になり、欠席しました。そして、次…

第77話「メガネの話、ツールを使う事はズルなのか」【2016年2月】

小学校では育成学級の先生が定期的にすべての学年を回り、人と違う人がいてもいいんだよという話をしていると聞きました。その時はメガネの話をするそうで、目が見えにくい人がメガネをかけるのはズルじゃないよね?という話から学年別に話を展開するとの事…

第76話「Sくん、こだわりの変化、巻き込みとの戦い」【2016年2月】

いわゆる、八つ当たりかな?Sくんも、弟Aくんも、パパも。私に八つ当たりして発散するような所がありました。 よそで誰かにして来るよりはいい。それほどストレスが溜まっているなら仕方ない。そう受け止めてきましたが、Sくんのこだわりがだんだん変化して…

第75話「ハンカチ方式、できる事を楽しく伸ばそう」【2016年2月】

学校でうまくいっていない事を知っているのに、朝、”いってらっしゃい”と送り出す私。複雑な心境です。逆交流もどういうわけか全くありませんでした。 私に出来る事は、Sくんが好きなレゴやお絵描きを一緒にするくらいで。帰ってから宿題をして、それからSく…

第74話「パパはアスペルガー?」【2016年2月】

パパはアスペルガー?そうかな…と思う事が度々ありました。仕事や勉強はできるのに、会話がうまくいかなかったり、行き違いがよくありました。本を読むとますますそう思いました。腹が立つ日もありました。私がカサンドラ症候群になった時期もありました。 …

第73話「Sくん3回目のK式発達検査、上昇する発達指数、開く発達の凸凹」【2016年2月】

Sくんは8歳になりました。児童相談所で、3回目のK式発達検査を受けました。療育手帳の更新の為です。今回から一人で検査室へ入って行きました。 結果は途中で疲れてしまい検査を続行できなくなってしまったそうで、その時点で発達指数が85以上あり、この発…

第72話「やり返さないSくん、これは虐めか、犯罪か」【2016年1月】

クリニックでの話し合いの翌々日、学校から電話がありました。Sくんが複数のクラスメイトに囲まれて、ほうきで叩かれていたというのです。だいぶ強く叩かれたようで、背中が青くなっていました。担任の先生が目撃して、止めに入ったという話でした。(後に、…

第71話「Sくん、なかなか始まらない、育成学級への逆交流」【2016年1月】

Sくんの状況について、共通理解をする為に。学校の先生方と、クリニックで話し合いを行いました。参加してくださったのは、担任の先生と育成学級の先生とLD等通級教室の先生でした。クリニックからは、心理の先生と作業療法士の先生でした。 Sくんの困りや特…