読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第35話「Sくんと、嘘をつく校長先生」【2014年9月】

夏休みが終わりました。校区の支援学校(育支援センター)から小学校へ連絡が入ったはずなのに、しばらく何も起きずに時が流れました。校長先生に尋ねてみたら「そんな電話はありませんでしたよ。」と言われてしまい、支援学校へ電話してみたところ……

支援学校の先生:「小学校に電話してみたら、校長先生がそのようなお子さんはこの学校にいないとおっしゃって……。育(はぐくみ)支援はいらないと言われたんです。」

私:「え?校長先生がそう言ったら何も進まないんですか?」

支援学校の先生:「はい……育(はぐくみ)支援は、学校長からの依頼があって初めて開始されるもので……。私達の方からは何もアクションを起こせない状態にあります……。」

『なんで……校長先生は嘘つくんだろう?』『どういうつもりなんだろう?』『私達親子の事、なんだと思っているんだろう?』心がザワザワしました。支援学校で見上げた爽やかな木々と、無邪気に走り回るSくんの姿が浮かびました。

それから、学校に話をしたいと電話しても、忙しいと取り合ってもらえなくなりました。だから私は、直撃で(アポなしで)、学校へ行ってみようと思いたったのです……。

つづく。