読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第61話「学習の遅れ、Sくんの気持ち」【2015年9月】

Sくんは道徳心や倫理観がしっかりしている時がありました。でもその場の空気が読めなかったり、チグハグな行動や発言をしてしまう事もありました。近い将来にSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)が必要になると、児相の先生から告げられました。

Sくんの学力はクラスからどんどん引き離されてしまいました。自宅で私が教えてみても、教えるプロでもなければ、方法も試行錯誤の真っ最中。反抗期みたいなSくんと、それに振り回される私の関係では、なかなかうまく行きませんでした。

Sくん:「友達に、”おまえ、偉そうな口きくのに、頭は馬鹿だ!”って言われた。俺は馬鹿なの?あいつらは馬鹿じゃないの?」

私:「Sくんは馬鹿じゃないよ。人を見下す人がみんな馬鹿なんだよ。つまり、馬鹿って言う奴が馬鹿だから、相手にしたらあかん。あと、Sくんも誰かを馬鹿って言ったらあかんよ。」

内心、言い返したれ!って思いましたが、そう言ったらそのままGOしてしまいそうだったので、親としてブレーキをかけました……。

(後に、この頃のSくんが酷い虐めにあっていた事を知るのでした。)

つづく。