読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第63話「弟AくんのK式発達検査結果」【2015年10月】

いつもSくんの事に時間をとられがちでしたが、週2回は療育へ弟Aくんと一緒に行き、週1回は自宅でOTをする為に帰ってきていたので、以前よりはAくんと二人の時間ができるようになっていました。

そんな秋、弟Aくんは発達指数が100近くあり、療育手帳が取得できないという話になりました。

すぐに療育手帳は必要ありませんでしたが、ゆくゆくは移動支援や通学支援が必要になるような気がして、弟Aくんには精神障害者手帳の手続きをする事にしました。

発達指数には現れてきませんが、この頃のAくんには、私と二人だけでは外出できないくらいの衝動性がありました。

ある朝、ヘルパーさんと一緒に保育園へ送って行った時の事でした。Aくんが急に暴れて、繋いでいた私の手を引っ張り、私が園庭で転倒してしまいました。痛過ぎて立ち上がれませんでした。

クリニックや療育の行き帰りも、暴れて、車道に飛び出したりするので、ヘルパーさんの付き添いが必須でした。

抑肝散(ヨクカンサン)を飲んでも、こんな様子は続いていました。ゆくゆくは、ストラテラコンサータも視野に入れなければならないかな…と感じ始めていました……。
(後に、翌年3月にストラテラを開始して、抑肝散と併用していましたが、どちらも5月にやめてしまいました。)

つづく。