読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第72話「やり返さないSくん、これは虐めか、犯罪か」【2016年1月】

クリニックでの話し合いの翌々日、学校から電話がありました。Sくんが複数のクラスメイトに囲まれて、ほうきで叩かれていたというのです。だいぶ強く叩かれたようで、背中が青くなっていました。担任の先生が目撃して、止めに入ったという話でした。
(後に、担任の先生はこの事を記憶から消してしまう……。)

Sくんに話を聞くと、また新たな事実が発覚しました。秋頃から体育の着替えの時、先生がいなくなると、ズボンを降ろされてパンツをチェックされて笑われていたと言うのです。服やパンツを気にしていた時期だったので、新しくカッコいいパンツを買ってあげた事を思い出しました。

Sくん:「クラスのお友達が気持ち悪い。だから、学校には行きたくないし、もう死にたい。」

Sくんが久しぶりに大きな声をあげて、わーんわーんと泣きました。

学校に連絡しました。すぐに先生がクラスメイトに話を聞いたそうです。「関係した人、立ちなさい」と先生が言うと、クラスメイト全員が立ったそうです。主犯格はいつもSくんを叩いたり、汚い言葉で嫌がらせしたりするグループでした。担任の先生からは、Sくんも汚い言葉で言い返したりすると聞いていたので、私はお互い様のレベルかと思っていましたが、そうではありませんでした。

どこまでが虐めで、どこからが犯罪でしょうか。

私:「学校、行きたくなかったら、行かなくてもいいんだよ。」

Sくん:「学校行かないのはダメな人間でしょ?」

私:「ダメなんかじゃないよ……。」

私と、私の中の幼い私が叫び声を上げました。胸が引き裂かれて爆発しそうになりました……。

つづく。