読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第80話「Sくんの決心、さよなら小学校!」【2016年3月】

Sくん:「学校へは行かないよ。でも、LD等通級教室だけは行きたいから、お母さん、週に1回付き添ってくれる?」

いいよと言って、金曜日のお昼ごはんを食べた後、学校へ向かいました。他の日は学校を休んでいました。

学校に近付くにつれて、Sくんの体調が悪くなり、オエ…オエ…とえずき始めました。「お家に帰ろう」と声かけしましたが、SくんはどうしてもLD等通級教室へ行きたいと言いました。

なんとか学校へ辿り着き、教室へ入ろうとしたSくんに、虐めの主犯格の子が言いました。

主犯格の子:「お前!!入って来んな!!帰れ!!学校来んな!!」

大きな叫び声が廊下に響きました。Sくんは怯んでまたえずきました。その様子を担任の先生も見ていましたが、注意する事はありませんでした。

帰り際。担任の先生が「Sくんはもう学校へ来ないよね?」と言い、学校にあった荷物をSくんに渡しました。耳を疑いました。
(担任の先生は後にこの事も記憶から消してしまいます。)

私の中には、不登校のSくんと家で過ごす辛さがありました。我が子でも上手く噛み合わない時があったり、訳のわからない事もあったり。でも、そんなSくんが力を振り絞って、頑張って学校へ行っても、行き先には悪魔がいて、こんな風にSくんを傷付けてしまうのです……。

もうこれ以上、Sくんを傷付けないでくれと思いました。私にいくら八つ当たりしても、巻き込みしてもいいから、私は大人だから耐えられるから。どうか、もうこれ以上、Sくんを傷付けないでくれと思いました……。

つづく。