読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第84話「法改正後(障害者差別解消法)のSくんの面談で」【2016年4月】

2016年4月1日、障害者差別解消法が施行されました。新学期に向けて、新しい先生方と面談をしました。校長先生、新しく赴任した教頭先生、教頭の先生、新しく赴任した担任の先生、支援員の先生、新しく赴任した育成学級の先生二人、障害者支援相談員さん、Sくん本人、私で話し合いをしました。

まず、Sくんに校長先生が謝る所から始まりました。それから、障害者差別解消法が施行されたので個別指導計画書は保護者と確認し合うという説明がありました。

面談では、Sくん本人が、「虐めをするクラスメイトを転校させて欲しい」という話をしていました。あとは、LD等通級教室を利用する為に普通学級に所属はするけれど、「育成学級へ行きたい」と話していました。加えて、遅れている分の個別指導と、久しぶりに学校へ行く為に、学校の先生方で送り迎えをして欲しいと伝えました(不登校でヘルパーさんのキャンセルを出し過ぎて、我が家への通学支援のヘルパーさんを一時的に停止する事になった為)。

この日の午後、LD等通級教室の先生と一緒に児童相談所へ行く事になっていて、そこへ校長先生も来て、話し合いの続きになりました。午前の面談の中では特別支援についてYESがもらえずにいましたが、児童相談所の先生がだいぶ切り込んで話をしてくださった結果、特別支援が保証される事になりました……。

つづく。