読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第90話「Sくんは自分で選びたい!単位を取るような授業の受け方」【2016年7月】

7月から学校の行き帰りをヘルパーさんの付き添いに戻しました。集団登校班も恵まれたメンバーで安定していました。

Sくんは「LD等通級教室以外、ずっと育成学級にいたい」と言いました。日によっては、4時間くらい育成にいる事もありました。育成学級で、とても心地よく過ごしている様子が伝わってきました。

育成学級には学年の違うお友達がいるので総合学習、少人数で落ち着く雰囲気でした。育成学級の先生方はとてもよくSくんの様子を理解してくださって、逆交流へ”おいでおいで〜”とウェルカムな体制でした。

毎時間、普通学級の科目か、育成学級の科目か、個別教室かを選べるようにしてくださって、日によっては、普通の図工2時間、育成の図工2時間と、好きな科目ばかりを受けている事もありました。科目が何日も偏った場合にはたまには算数もしようか〜と声かけをお願いしました。

Sくんの「自分でやる事を選びたい!」という単位を取るような授業の受け方がやっと実現しました。が、これも長くは続きませんでした……。
(後に育成主任の先生が突然退職されて、ウェルカムな体制ではなくなってしまう。)

つづく。