読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第93話「クララとハイジ。遅すぎる!Sくんの個別指導計画書」【2016年7月】

もうすぐ夏休みです。……が、Sくんの前期の個別指導計画書ができていませんでした。他校では4月の家庭訪問で受け取りしたと聞いています。……だいぶ、遅いですよね?仕方ないので、児相の予約日を知らせて、そこで提出するから間に合わせてくださいと伝えました。

手元に来た個別指導計画書を見てびっくり。まず半分以上が空欄でした。尋ねると、一年生入学時に京都市のフォーマットの支援シートを提出していないから空欄だと言うのです。入学3ヶ月前、我が家は熊本から引っ越してきたので、代わりに、療育施設や病院からの資料、検査結果を提出していました。それではダメですか?!

それから、コミュニケーションについて。「Sくんが周りの空気を読んで、クラスメイトの気持ちを考えて行動して欲しい」と7箇所もあり、びっくりしました。それができていないから発達障害なのであって、それができたらこんなに苦労していません。まるで、ハイジがクララに「立って!」って言って歩かせたみたいに、障害のある方にそれを改善して!と記述するのはどうかと……。

また、識字障害があるのに、三年生の漢字を30パーセント達成とか……無理でしょう……。

いろいろ指摘したら、空欄は私が書いたものを打ち込みされて、コミュニケーションについては、「SSTに取り組む」とあり、え?誰が?いつ?と思いました。

漢字はとりあえず目標なのでそのままにしましたが、修正が帰ってきたのが8月で、これ以上直してもらっていたら夏休みが終わってしまうので、今回はこれで、後期に向けて修正を入れる事にしました……。

つづく。