かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第142話「未解決!電話ができない!」【2016年11月】

今日もご訪問頂きありがとうございます。読者登録をしてくださった方、ありがとうございます、ご縁があって嬉しいです。星をくださった方、ありがとうございます、更新の励みになります。皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

* * *

成長と共に課題が減ってきたかいじゅう兄弟ですが……ずっと前から引き続きの問題。私が電話をすると、かいじゅう兄弟が恐ろしく騒いで通話できないようにする事(汗)。

リモコンで床をガンガン叩いて傷だらけにしたり、ゲーム機やiPadを投げたり、叫び声を上げたり、テレビの音量を上げたり、ひたすら二人で大声で話しかけてきたり……。

事前に「電話するから静かにしてね」と伝えても無駄。電話はかいじゅう兄弟がいない時にするか、いる時は二人が何かに集中しているところを見計らって、寝室に隠れてドアを閉めてかけるしかありません。

しかし、小学校や保育園、病院からの電話は予告なくかかってきて、内容は重要なので……、慌てて寝室に入りますが、付いてきてしまいます(汗)。

私:「どうして電話してるとうるさくするの?」
Sくん:「ママが電話しなきゃいい。」
私:「かかってきた、大事な内容なんだから、とらないわけにはいかないでしょ?」
Sくん:「電話かかってきても、とらなきゃいい。とらなかったら大事な内容かどうかも分からない。」

いや、分かるし(汗)。小学校、保育園、病院って大事な内容しかかけてこないよ!!

何度説明しても、電話中だけは、静かにしてくれません。ちなみに、パパの会社からの電話の場合もです。パパはどれだけうるさくても、平然と業務を続けています。

…あ、そっか。私が通話中に他の音がすると集中できないのか、、、と最近気付きました。

ちなみに、私はテレビをつけっぱなしで本を読むとか、音楽を聴きながらパソコンの仕事をするとか、できません。私以外の三人は、テレビをつけたまま、DSやiPadやパソコンしていて、あれ…?テレビ誰も見てない?と思って消すと、「右の耳でテレビ聞いて、左の耳でゲームしてた」とか言われます。そんな事…私はできません(汗)。

私:「ママは右の耳で電話しながら、左の耳で二人の話を聞くとかできないから。」
Sくん:「練習したらいいよ。」
いや、そういう事じゃなくて……。

私:「ママは電話できなくて困ってるの。だから、やめてね。」
Sくん:「ぼくは困ってない。」

そりゃそうやん…!

この反応はパパにも通じる所が。結局、自分は困ってないから修正はしない方針で、変わるならあなたがどうぞ、みたいな感じが我が家にはあります。

困ったな……と思いながら、また、かいじゅう兄弟がいる時に電話があったらどうしようかな……と思う今日この頃です……。

つづく。