読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第157話「いつになったら一人で外出できるようになるのかな……?」【2016年11月】

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます、更新の励みになります。皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

* * *

Sくんは小さい時に大きなショッピングモールで迷子になって、遠くのゲームセンターで発見された事がありました。発達障害のあるお子さんが迷子になった時、電車を乗り継いだりして、予測外の場所で発見される事があるそうです。景色や道を視覚情報で覚えていたり、電車の乗り方を知っていたり。この子は障害があるから一人では何もできない…なんて事はないのです(汗)。

我が家のかいじゅう兄弟は、Sくんが小3、弟Aくんが年中ですが、まだ一人で外へ出した事がありません。外出は全て、家族かヘルパーさんが付き添っています。

弟Aくんは衝動的に道路へ飛び出したり、前を見ずに走り続けたりします。Sくんは眼球のコントロールにも問題があって、車が遠いか近いか分からなかったり、信号のない道路を渡るタイミングが難しいのが現状。何度か近所で外出の練習をしましたが、迷子になってしまいました。

トイレの鍵も色んなタイプがある為、自分でかけたのに→開けられない!→何者かに閉じ込められた!→殺されるかも!→パニック!!みたいな事がよくあり、一人で男子トイレへやる事ができません。

かいじゅう兄弟は、自宅の住所や家族の携帯番号を覚えられず、キッズ携帯を何処かに置いてきたり、住所や携帯番号を書いたメモやキーホルダーを無くしてきたりします。

万が一迷子になっても、自分の名前と、保育園や小学校の名前、ヘルパーさん達の名前や業者名が言えたら、なんとか私に連絡が付くとは思いますが、ぼくは迷子になった!→一生お母さんに会えない!→家にも帰れない!→このまま死ぬしかない!→パニック!!みたいな感じになるかもしれないので、悩みの種は尽きません。

いつになったら一人で外出できるようになるのかな……?

ある日の外出練習で、キッズ携帯を持たせて、マンションの下から部屋まで一人で帰らせてみたら……全然帰って来ない!
電話してみると……

Sくん:「一人の時はエレベーターはダメって学校の防犯教室で習った。知らない人とエレベーターの中で二人きりになって、その人が悪い人だったらもうアウトだから。もしも体調が悪くて階段がしんどい時は、乗ってもいいけど、知らない人が乗って来たら全部の階のボタンを押して、すぐに降りなきゃならない。今、階段で部屋に帰るか迷ってる……。」

結局、へとへとになりながら階段で帰ってきました。この事があってから、Sくんは一人で外出する事を余計に嫌がるようになってしまいました。

私の体調が悪くて、事前に予定した外出以外は近所でも付き添ってやれない、ヘルパーさんは急には手配できない為に、かいじゅう兄弟は放課後もずっと家にいます。

手帳がずっと更新になって、受給者証がずっと出て、移動支援のヘルパーさんがずっと来てくれるならまだいいのですが、かいじゅう兄弟の発達指数は伸びているので、いつ、支援の輪が途切れるか分かりません。

なるべく練習して、なるべく自立へ持っていく。何に困りを感じていて、フリーズしている時には何を考えていて、何がパニックを引き起こしているのか、推察したり、本人が言葉で説明してくれたり。これからも試行錯誤の日々は続きます……。

つづく。