読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第175話 「いろいろ教えてくださいねと言われる事」

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます、更新の励みになります。皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

* * *

今日は検査日です。体調を整える為に病院へ行くのか、病院へ外出する為に体調を整えるのか?それくらい通院が多くなっています。

待ち時間にATACで学んできた事や今後の課題をまとめています。周りへ「セミナーへ行くよ!」と言うと、「いろいろ教えてくださいね!」と返される時、相手が学校の先生だと、んん?っとなって複雑な気持ちになっていました。

ATACでも、支援学校や育成(支援)学級、通級などの教員の方はたくさんおられましたが、一般の先生や管理職の方に出会う事は出来ませんでした。

でも……。ふと、発達障害の知識がないのに、発達障害児の担任を持たされる先生の心境を考えてしまいました。先生はどんな気持ちで、「いろいろ教えてくださいね」って言ったのか……。

ATACから得た知識や技術を、私ができる事は家庭内で、コミュニケーションや宿題を出す等、学校でないとできない事は学校にお願いしていく、こんなスタンスでやって行きたいなと思いました……。

つづく。