読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第189話「スポットを当てたい。」【2016年12月】

Sくんのこと

今日もご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます、更新の励みになります。皆様、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

* * *

ノイズキャンセラーヘッドフォン装着で、今日は冬休みの宿題の”理科”を。理科と社会は得意意識があるSくんですが、図や絵があるとどこを見たらいいか分からなくなるらしい。これは視覚優位のデメリットな一面です。

本人に任せておくと、目線があちこち飛んで何をしたらいいか分からなくなったり、何か思いついて図鑑で調べ始めたり。答えを書く場所を間違えたり、飛ばしてしまったりもします。

なので、代読して、なるべく”やるべき事から脱線しないように”しました。

また代読の時に気をつけるべき基本は「解説しない事」なので、ただただ読んで、”今ここだよー”を気付かせました。

ノイズキャンセラーヘッドフォンが耳に入るザワザワ音を消すように、今、見るべき所以外を見えないようにしたり、見るべき所にスポットが当たるようにできたらいいな…と感じました。

視覚優位で、興味の湧いた道端のポスターを丸覚えしたり、興味の湧いた地図を丸ごと覚えたりできるのは凄いなぁと思うので、スポットが全く当たらないわけではないと思うのですが。

できる事や秀でている能力がなかなかうまく紙面に反映されませんが、気長に頑張ろうと思います……。

つづく。