読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第215話「アートとデザインと生活と」【2017年2月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

最近、かいじゅう兄弟がトイレのスリッパを綺麗に正しく並べてくれるようになりました!大きな成長です!

これまでは、脱ぎ散らかしから始まり、「並べてね」とだけ伝えたせいで、電車みたいに並んでいたり、大人用と子供用が交互に並べてあったり、かなり奥に並べてあったり……ユニークでした(笑)。

面白い。でも、こうじゃない!ほんとに、すぐ、用をたしたい時にイラッとする!

二人に正しい並べ方を説明した所、弟Aくんは正しく修正されましたが、Sくんはずっとユニークでした。

Sくん:「オモロイやろ?」
私:「うん。でも、ほんまに焦ってる時に困るしやめてもらえるかな?」
Sくん:「これ、アートやねん!デザインやねん!」
私:「あのね…。アートとデザインは全く違うものだよ。あと、アートであっても、デザインであっても、生活する上で不便だったらダメだとママは思うよ。」
Sくん:「そうなんや!!」

この説明で納得したようで、やっと、スリッパは普通の位置に並べられるようになりました。

Sくんも弟Aくんも、視覚的な能力に加え、言葉の世界の人達でもあります。よく聞き、掘り下げ、時にはそれに囚われて本筋から脱線します。深い勘違いもします。最近では、様々な音や匂いにも敏感になって来ました。私も、視覚、聴覚、嗅覚に敏感な子供でした。もしかしたら、気になる事が多過ぎて、情報量を整理できていないのかもしれません。

アートとデザインと生活と。私は自分の特殊な所を仕事にしました。かいじゅう兄弟がどんな大人になるかは分かりませんが、こだわりや敏感がいつかプラスの能力になる日が来るかもしれないと思うのでした……。

つづく。