読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第218話「弟Aくんが”聞いていないように見える”」【2017年2月】

弟Aくんのこと

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

Sくんの耳の奥にこちらからの声かけが届くようになったら、今度は、弟Aくんが「聞いていないように見える」状態になって来ました。いつもではありませんが、以前は「聞いていないふり」をしたり、「お兄ちゃんの真似」をしていたりしましたが、それとは様子が違うのです。(医師はADHDが落ち着いてきて自閉傾向が強く出てきていると話しておられました。)

最近の私は興味の度合いがよく分かるようになって来ました。大人でも子供でも、障害がある子でもない子でも、集中がこちらに向いていないまま、もしくは、他の事を考えていて、生返事してしまったり、返事すらしなかったり、会話しているけれどそこに気持ちはなかったり……。

だから、相手に合わせて話題を変えて、バチっとハマる話のラインを探します。中には、どんな話題も受け取れる受け皿の広い人物もいたりします。本当に尊敬します。

さて。弟Aくん。聞いていないように見える時は、聞いていないわけでもなく、意図的に無視しているわけでもなく、少し興味がそれていて、集中がこちらに向いていないようです。だいぶ時間が経ってから返答がある時もあったり、声かけが風のように消えてしまったり。Sくんの時にもあったなぁという感覚です。

二人とも、幼児期のもっと小さい時の方が反応があって、小学校へ入る一年くらい前に急激に自閉傾向になった感じです。いろんな事が見え過ぎて、気になり過ぎて、処理に時間がかかっている、まるでコンピュータのフリーズみたいな、そんな感じです。Sくんが9歳に向かってまた自閉傾向から抜けて来たので、弟Aくんもいつか抜けて行くのかな…と思っています。

いつか、たぶん、うん、大丈夫。そんな曖昧な感じですが、成長の一部、歩みの一環だと思って、進んでいこうと思います……。

つづく。