かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第232話「どうして僕が虐められたのかな?」【2017年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

発達障害があるお子さんは虐めの標的にされやすい気がします。

目には見えない「目印」が…あるんですよね。みんなと明らかに違う何か。跳ねたり、声を出してしまったり、まったく反応しなかったり。

それで、「なんか違う!なんかこの子は変だ!」と思った周りから、からかわれたり、嫌がらせされたり。向こうからしたら、初めはただのイタズラだったかもしれません。

定型のお子さんは「違いを見つけて、何かしてしまう」、それを繰り返しながら成長するのかもしれません。

でも、それが繰り返しだったり、毎日だったりすると、標的にされた方の精神はすり減って、すり減って、すり減って、「消えてなくなりたくなる」と思うのです。

それが虐めだったかどうかは、受けた方が判断します。

だから、もしも、自分が虐められたら、虐めの標的に選ばれてしまったら、「自分が悪いんだ」とだけは思わないで欲しいのです。

虐めは、絶対に、加害者の方が悪い。

発達障害があると、繰り返しの嫌がらせでその辺が分からなくなったりするんじゃないかな?と感じます。

虐める→謝る→許すみたいな、1セットの指導は、もしかしたら、Sくんに、「謝れば虐めていいんだ!」と間違った情報を刷り込んでしまっているかもしれないとも思います。

悪い事は悪い、と、私は教えたい。

だから、虐められても悪いのはSくんじゃないし、許せない気持ちがあるのなら無理に許さなくていいし、やり返したい気持ちが湧いたらママに話して欲しいと話しました……。

つづく。