読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第234話「白旗をあげながら見守る」【2017年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

なんとか学校側との調整の結果、一部の科目以外は育成へ逆交流と週1の通級へ通う形で折り合いが着きました。虐め加害者になるべく会わずに済む形で、Sくん本人も納得しています。とりあえずこれで学校へ行ってみる…。
(※Sくんが一番重要視している通級は、普通学級所属でないと受けられない。)

今回は虐めが原因のお休みでしたが、自閉症があって、学習障害もあって、発達は6歳半〜14歳まで開きがあって、心が不安定なSくんが、定型のお子さん達に混じって普通に暮らせるわけはないのです。

「学校へ行きたい、けれど行けない」、そんな葛藤の中にいる「Sくんの考え」を聞きながら、最善の策を学校へ「お願いする、代弁する」のが私の役目かな…と。ある意味、「学校へ行きにくい、毎日が生きにくいって分かっているよ」と、白旗をあげながら見守るような感覚です……。

つづく。