読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第239話「あの子はアーティストだから。」【2017年3月】

ママの昔話

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

その昔、私の部屋は床が見えないくらい散らかっていました。なんでも下に置いていて、積み重ねて、とにかく物が多い。綺麗に整頓しているのは、大量の漫画棚だけ。絵のコンクールで稼いだ図書券で部屋を漫画だらけにしていたのです。遊びに来る友達は紙袋持参。散らかった部屋で漫画を読んで、あとは借りて帰るのです。

久しぶりに来る親族は、部屋が汚すぎてよろめきますが、母が必ず言うセリフがありました。

母:「◯◯はアーティストだから。いいの。そのままで。」

一応、作家になる為の大学へ進学し、細々と内職のように仕事をもらっています。偉そうにアーティスト!なんて言える人物にはなれませんでしたが、母は、私の片付けられない様子を、アーティストだから!と折り合いをつけていたのです。

今は主婦になって昔よりはマシな部屋に暮らして、偉そうに、かいじゅう兄弟に「お片付けしなさい!」と言っています。

頭の中に、母の「アーティストだから!」が響きます。ふと思い出した昔話でした……。

つづく。