読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第245話「隠蔽」【2017年3月】

PTAのこと Sくんのこと

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

学年末の学校行事で、学級目標を達成できたかどうかの発表会がありました。Sくんは不登校期間で欠席しました。

学級目標は”温かいクラスを作ろう”。Sくんにとってこのクラスはけっして温かい物ではありませんでしたが、発表会では、Sくんの台詞があって、温かいクラスにする為に努力して、温かいクラスが出来上がったという内容でした。

Sくん:「僕は虐められています!もう限界です!このクラスはあったかくなんか無い!って、発表会で僕が言ったら、台詞と違うから怒られるかな。」

虐められて学校へ行けなくなっていたSくんは、嘘の台詞の練習をさせられるのも、全校生徒の前で発表するのも「嫌だ」と言いました。

年度末はPTAも総会があります。行事で、障害児の見守りの為に来ていた保護者(パパ)やヘルパーさんがPTA活動に無理矢理参加させられた事について、学校側に再発防止を訴えましたが、PTA総会でそういった事が話し合われる事も、問題に上がる事もありませんでした。

形だけの発表会、形だけの総会。「そんな事はなかった」、そういう風に処理して、みんなの大きな時の流れは流れて行きます。

ちなみにSくんの不登校もクラスのみんなには酷い風邪を引いていると報告されていました。一年前、一ヶ月におよぶ風邪って??今回も10日程でしたが、もちろん風邪なんか引いていません。

隠蔽。いいクラス、いい学校のふりをして、時を流していく。本質に目を向けないで、心が盲目のまま生きていく。改善は皆無。だから、どんどん悪くなる。そんな環境からは距離を置くしかありません。

私はPTA免除で一切関わらない選択をする、Sくんは学校へ行かない選択をする。今はチックや強迫性障害などの二次障害が出ながら学校へ通っているSくんですが、あんな所へ行く意味あるのかなと感じています……。

つづく。