読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第246話「優先順位」【2017年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

かいじゅう兄弟を淡々と育てながら、「一番大切な事は何かな?」とよく考えています。

「学校や保育園は行けた方がいいな」と思う時もあります。でも行き先の環境が悪過ぎる時は、そんな所へ行けた方がいいわけはありません。

「勉強をちゃんとできた方がいいな」と思う事もあります。学校では三年生になってやっと特別支援が始まった感じでしたが、もう一年以上の学習の遅れが出てからのスタートでした。自己肯定感なんか保てないし…、支援されてる宿題はズルいと言われるし…、結局、Sくんが揉まれならも、勉強は自分のペースで歩んでいいんだと思えるのに一年かかりました。心が強くなったんだと思います。

「心が元気な方がいいな。そうじゃないと何も身に付かない。」と思う事もあります。不登校になって、心を休める為に勉強をさせないでゆったり過ごすのか、勉強をある程度のペースでさせるのか迷いました。二年の時は休ませる事を優先しました。三年の時は読書やお手伝いを通して、少し勉強にもつながるように過ごしました。

一番は心の健康で、二番が体の健康、三番が自分が好きな事で、四番目が人との関わり合いで、五番目が勉強かな……。今はそう思っています。その為に適切な場所を選択した方がいい。

悪過ぎる環境にいて、そこから学ぶ事もあったとは思いますが、心や体がボロボロになってしまったら何にもならない。あともう少しでSくんの三年生が終わります……。

つづく。