かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第252話「Sくんがいたから、弟Aくんはこんなに落ち着いた」【2017年4月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

弟Aくんが年長になりました。ふと思い返せば、当時、このタイミングで、K式を受けて、Sくんに「何らかの発達障害がある診断」が出ました。

そこから療育の待ち時間があり、熊本の療育に5ヶ月と京都の療育に3ヶ月通って、年長の一年間が終わりました。保育園は行きたがらず休み休みでした。

私の方は発達障害の子供の親初心者で、何がなんだか分からず、本を読み漁り、それでも、熊本の医師や療育の先生からは「(対応の仕方が)全然ダメだ」と言われ続けて凹む毎日でした。

そこから四年、Aくんにも傾向があるのではないか?と心配になり、繰り返し相談へ行きました。京都へ来てから3歳半健診にひっかかり、児相やクリニック、療育にも早く行けるようになって、作業療法も受けて……今があります。

最初は猛獣のように叫び続けて、釣り上げたマグロのようにのたうち回って泣き叫び、家電や家具や家を壊し続けるAくんでしたが、今は、大変落ち着いて、自分の感情や衝動をコントロールできる所まで来ています。お薬も飲んでいません。

Aくん:「Sみたいな、こんなお兄ちゃん、いらんかったわ!俺がお兄ちゃんに生まれたかったわ!」

と、たまに喧嘩すると毒を吐いていますが、Sくんの発達障害の発見から今に至り、そのおかげで早めにAくんに対処できた背景があるんだよ……と私は感じています。

いつか、Aくんが大きくなって、自分の障害特性について知る時、Sくんのことも話してやりたいと思いました……。

つづく。