かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第261話「不発弾」【2017年4月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

三年生の終わり二週間は、育成学級への逆交流で過ごしたSくん。虐めや不登校や色々ありました。学年が上がって、育成学級への逆交流は停止、通級教室はまだ始まらず、ずっと普通学級にいて、ちょこちょこトラブルはあるものの、宿題もきちんとやって、時間割りもそろえて…。よく頑張ってます!と担任の先生からの報告。う、うん、たぶん、もう頑張りすぎている……!

先日の、集団登校班のメンバーから「ヘルパーいるなら集団登校で来なくていいと言われた」問題は、言った方は「Sくんが年度末には『◯年生になったらヘルパーさんなしで学校へ通う』と言うのに、いつまでもヘルパーさんがいるから”おかしい”と思った。いつになったらヘルパーさんなしで学校に通うのか”知りたい”。」そうで……。

うーん。こういう健常の世界の”何気ない疑問”が、どれだけ重い爆弾になってるか。

Sくん自身が自分の障害を理解していないから自分の口から説明はできないし、大人が障害説明したところで相手のお子さんが複雑な発達障害の症状を理解できないし、Sくんの”来年こそは一人で学校通いたい想い”も分かるし、でもおそらくSくんには一生ガイドヘルパーが付いて歩く事になると思うし、健常の側から見たら一年からずっとヘルパーがいる事自体ずっとおかしいわけで、ただ、おかしかろうが、ずっと、Sくんにヘルパーは付くわけです。

なぜなら、親が重度身体障害者で付き添えないから、Sくん自身の身の安全を複雑な発達障害があるSくんは守りきれないから。周りから見ておかしな姿でも、これはずっと続くのです。Sくんが「来年度は一人で学校へ通いたいと思ってる!」と宣言しても、有言実行する日は来ないのです。

ちなみに、学校側は、「ヘルパーさんがいても集団登校班で学校へ来るように」と言います。なんだか二重苦だと思うのは私だけでしょうか。

集団登校班の中に、「この集団登校班に入るな」と嫌な事を言う人がいるわけです。Sくんは出渋り、集団登校班から遅れて学校へ行くようになって来ました。が、学校側は、「登校は集団登校班で来ましょう」と言うわけです。

先生から該当のお子さんへの指導はあったようですが、どうなのかな…?あの日からSくんは集団登校班が出発してから学校へ行くようになりました。

クラスの嫌な人達がすぐに成長して劇的に良くなるなんて事はなく、逃げ場である逆交流や通級はない、今のこの状況ってかなり苦しいのではないかな?と思うわけです。

Sくん:「学校行きたくない!」
私:「うん、休んでいいよ。」
Sくん:「学校は行かなきゃいけない!」
私:「うん、でも休んでいいよ。」
Sくん:「休んだら友達に会えない!行ったら嫌な人に会う!逆交流は行きたいのに行けないし、先生はみんな新しいから信用していいか分からないし!」
私:「うん。だから、選んでいいよ。行くか、行かないか、を。」

とりあえず今朝も一悶着してから学校へ行きました。本人が納得できる形の、ストレスの少ない形で生活をさせてやらないと、内に溜め込んだ不発弾がバーンと爆発してしまいそう。具体的な策を探らなければなりません……。

つづく。