かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第312話「土足禁止!!」【2017年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

ある子供:「Sはいつまでヘルパー付いてんねん!一生、一人で行動できひんのか?!そんなん、普通じゃないやろ!」

青ざめるSくん。普通の子供の細やかな疑問は、時として、罪深く、刺さります。

四年生になったSくんは一人で外出できません。ガイドヘルパーさんか保護者が必ず付き添います。これが今だけなのか、一生なのか。お医者さんと相談しながら、安全を第一に考えて慎重に進めている所です。デリケートで重要な問題です。

正直、Sくんにヘルパーが付いてようが、付いてなかろうが、他の子供に関係ないやろと思います。お前さんに何か迷惑かけましたか?って聞きたい。

”ヘルパーさんのこと、あれこれ言わないで欲しいなぁ…”とさり気なくお母さんに言ってみたら……

ある子供のお母さん:「えー?だって、四年にもなって一人で外出できひんって、どう見たっておかしいやん。うちの子が気になるのはしょーがないわ!」

えー。気になったら、土足で踏み込んでええんかーい!!

親子で考えが似てるので話しても無駄やなーと思いました。

虐めじゃないです。嫌がらせでもない。でも、こういう言葉のやり取りが結構しんどい。私が傘になってSくんを守ってやりたいのに、守りきれない。不意に、言葉の雨は降ってくる。

独身の人に「なんで結婚せーへんの?」と聞いたり、結婚した人に「赤ちゃんまだ?」って聞いたり、赤ちゃん産んだら「次の子いつ?」って聞いたりの、あの、感じに似てるかなと思います。チクチク痛くて、相手は何にも気にしてない。

「あんたに関係ないやろ?なんか迷惑でもかけた?」って言い放てれば少しは楽かな……?次は…言ってみる?

土足禁止についてでした……。

つづく。