かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第313話「ふざけてない!」【2017年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

ふと、小学四年の時のスポーツテストの記憶が蘇りました。スポーツテストはみんな、できる子はできる、苦手でできない子はできなくてもいい、そんな雰囲気の中で受けていました。

幅跳びで。1メートルも飛べない私。そりゃそうです。もともと二分脊椎症があるし、足腰が弱い。三年の時には脊椎の大手術も受けているわけで、無理は禁物の時期です。しかし……

先生:「真面目にやりや。やり直し!」

何回もやらされましたが、1メートルを超えることはありませんでした。嫌がらせという感じでもなく、大真面目に先生が、ふざけてると思い込んでいて、やり直しをさせるという悪循環でした。

誰か子供が「もう、いいやんか。みんなやってスポーツテストなんか適当にやってるのに。」と言いました。そこで終わりました。

こういうケースが、私は一番「こわい」と思っていました。ふざけてないんだって!が証明できない。パワーバランスとしては、向こうが上。たまたま、誰かが、なんでやり直しさせてるん?と思って言ってくれたから良かったのですが。大真面目な先生の思い込みは、私を追い詰めていたかもしれません。

かいじゅう兄弟に話したら、「それ!よく分かる!」と言っていました。

”ふざけてない!”についてでした……。

つづく。