かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第319話「じっと待つ育児」【2017年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

保育園や療育施設で、年長児、リーダーさんとして、しっかりやっている弟Aくん。先生方は皆、「周りをよく見れているし、心配ない、本当に頼りになるし、優しいし、なんでもできる子」と言ってくれますが……。

保育園や療育から帰ると大暴れ!パワー全開で、家電や家具やお家の一部を破壊してしまいます。泣き叫びながら、言葉で、こんなことを馬鹿にされたとか、周りは幼稚だから耐え切れなくて早く大人になりたいとか、話してくれます。

そんな弟Aくんに、私が、「保育園の先生には言ったの?」と言ったり、療育は先生の方から「もう回数を減らしていい」との話があり、回数を減らす段取りにしたことを伝えた……のが良くなかったようで、これからは、弟Aくんに決めさせるように、医師から言われました。

保育園も本当なら行きたくない場所のはずが、この間本人から「ぼくはママの体を休めるために保育園へ行っている。だから、絶対に休まない。」と宣言されました。

弟Aくんは今、我慢ばかりをして、ヘルプを出せない段階にあるようです。が、それをまた私が、話せる先生はいないの?とか、言うのではなくて、弟Aくん本人が気付くのを「じっと待つように」医師から言われました。私は泣き叫ぶ弟Aくんの気持ちを共感して、受け入れるだけでいいそうです。

ついつい、”こうしたら近道なのに…”と口出ししてしまう私ですが、ここはぐっと我慢。成長していく弟Aくんを見守ろうと思いました……。

つづく。