かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第321話「不審者かどうか分からない人」【2017年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

最近、子供と歩いていると、明らかな不審者ではないけれど、ちょっと怒った感じでしつこく質問して付いてくるおじいさんがよくいます。

「夏休みか?」
「どこの学校や?」
「何年生や?」
「どこへ行くんや?」
「かばん、新しいのんにしたんやなぁ?」

質問に答えるのもどうかと思うし、かと言って無視しても切れて暴れられても…。

これが、女児と若い男性だったら、即不審者情報に上がってくるのですが。。おじいさんってよく分からないです。
(以前に、自宅近所で、事件を目撃して警察を呼んだこともあるので、こわいです。)

Sくんはこんな時、聞かれたことに答えてしまいます。弟Aくんは警戒心が強いので無言です。どちらも結果、危険な目に合う可能性があって、一人ではまだ外に出せないと思ってしまいます。

私は挨拶だけしてなるべく早くその場から去りますが、ずっと付いてくる場合は最寄りの店舗に入ります。帰りの場合は家を知られたくないので遠回り。

発達障害があるかいじゅう兄弟に、不審者や不審者じゃないけど分からない人について、どう、伝えて行ったらいいのか考えてしまいます。(考えている間は、付き添いを続けると思います。)

不審者かどうか分からない人ついてでした……。

つづく。