かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第326話「楽しい自由研究」【2017年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

夏休み、毎年、自由研究でいろんなことに挑戦するSくんです。

一年の時は、絵画。同志社大学のレンガの校舎を写生した絵を出しました。ちょうど絵を習っていた頃で、写生大会へ参加していたので、「これを出したい!」とSくんが言いました。

二年は、工作。動くおもちゃ。夏休み前の図工で紙コップとストローと針金で動くおもちゃを作って来たので、そこから発展した作品にしました。タイトルは「けいさつとドロボー」でした。

三年は、理科。草食動物と肉食動物について調べました。「ぼくは三大栄養素をバランスよく食べて生きているのに、どうして動物は偏った食べ物を食べながら生きていられるか」について、A4ファイルに80枚ほど書いてまとめました。

そして今年、四年。何をしたいか聞いたら、「商店街について調べたい!」とのことなので、二人で、商店街へ見学に出かけました。分野で言えば社会ですね。夏休みいっぱいかけて、模造紙にまとめます。

いろんなジャンルに挑戦するSくんはいつも楽しそう。自由研究はSくんにとって、夏休みを楽しく過ごすスパイスになっているように感じます。私は隣でひたすら秘書というか、マネージャーのような係りをします。私は見守りながら付いて行こうと思います……!

つづく。