かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第407話「やっぱり病気は目に見えないと分からない」【2017年10月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

泌尿器科へ行った翌日、神経内科産婦人科→採血→脳神経外科→薬局。その次の週は消化器内科→頭部MRI。毎週どこか診てもらってる。もうクタクタ。あちこち悪くて、だいぶ具体が悪いって家族にもなかなか伝わらず。相変わらず元気そうに私は見えるようです。

元々、階段は登れないけれど、階段しかなかったら上がるしかない。…帰ったら足の爪に血豆ができて、爪が半分とれました。

Sくん:「うわ!なにそれ。見せないで!!」

血や火サスや医療系ドラマが見れないレベルのSくんが、私の足を見て騒ぎ出しました。

脂肪腫が脊椎にあるとか、背骨が途中までしかないとか、神経が通ってないとか、麻酔は効かないとか。ママの身体の中にはもっと悪いのがいっぱいだよ…と思ったけれど、目に見えないと分からないだろうな…と思って言いませんでした。

私の爪が剥がれたのを見てからはSくんは少し優しくなりました。ゆっくり、知っていってくれたらいいなと思います……。

つづく。