かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第426話「バカにしたらあかん。」【2017年11月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

夜中に起きて泣き出すほど熱烈に「大学に行きたい」Sくん。出会う大人、出会う大人に、大学を出ているか聞いて回っているようです。中には大学へ行っていない方や、専門学校を出た方、中学や高校を出て仕事を始めた方、アルバイトやパート、色々おられます。

大学へ行かない人生を選んだ方に対して、パパが偏見を持ってバカにしたように言うのを、Sくんがそのまま受け取ってしまっているようだったので、「それは違うよ」と、二人に修正をかけました。

世の中に、無駄な仕事は一つもないし、人には上も下もない。専門職に就く為に専門学校へ行く人もいれば、高校を出てすぐに仕事に就く人もいる。みんな一生懸命に働いている。どの仕事も、生き方も、あなたがバカにする事じゃない。日本にいれば中学までは必ず出るけれど、そこからは自由。高校や大学に行ってみてから、方向が変わる場合もあるし、仕事に就いてから転職することもある。自分で判断して、選んで行ったらいい…。私はそう思うのでした……。

つづく。