かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第436話「違う形の…虐め?」【2017年11月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

レベルが上がったのか、陰湿になったのか。これが虐めか、まだ虐めでないのか。分かりませんが、最近のSくんは教室に居場所がない様子でした。「教室から出て行け!」と強い子から言われると、周りの弱い子達から、「保健室へ行った方がいいよ」と促される。強い子がいれば、弱い子達はSくんを無視したり、やられていてもけっして助けはしない。まぁ、よくある感じです。この間は、魔法瓶がベコッと凹んで帰って来たり(今回はすぐに学校が動いてくれて、謝罪と弁償を受けました)、ハラハラする日々です。気にかかるのは、Sくん本人がケロッとしている事。

「保健室の先生がいい先生で良かった。とても優しいよ!」
「最近は一、二年生と遊んでいるよ。みんなとてもいい子達だよ!」
「クラスの子は◯◯に逆らえへんねん。仕方ない。」
「俺はやられるポジションやねん。当たり前やねん。だから、仕方ない!」

なんだか、親は悲しくなります……。

つづく。