かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第443話「パワーバランスは変わらない」【2017年11月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

学年に1クラスしかない4-1は、男の子10人、女の子6人の計16人。男の子の中に、強い子と従う子が半分ずつ、という感じで、このパワーバランスはずっと変わりません。

その中でも、Sくんは、ターゲットにされやすいポジション。ボーっとしているて、やり返さないし、記憶が錯誤して嫌な事自体を忘れてしまったり、誰が何をしたか、はっきりしません。事が発覚しにくいのです。

きっとその辺を分かって、やる子はやってるんだな…と思うと、怒りのような感情が湧いてきます。

でも、Sくんはいつも、「喧嘩や争い事は自分からやめないと終わらない」と言ってやり返さず、じっと石のようになるのです。

パワーバランスが変わらないクラスにいて、嫌がらせされるのは、喧嘩や争い事とはまた違う、これはずっと続いている虐めだよね?と、確認していますが、Sくんは、それを、知りたくないのか、ふわっとしているのか、いつも「学校は楽しいよ、大丈夫だよ、お母さん」と言います。

また引っ越しすればいいのか。でも、また、同じような事があるかもしれないと思うと、ずっと、賃貸で点々とすればいいのか?とも思います。お金がかかるし、ヘルパーさんなどの福祉制度の手続きや病院探しなど、大変な事がいっぱいあります。

ちなみに、弟Aくんの学年もまた1クラス、更に少ない12人、男の子は3人です……。

つづく。