かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第474話「あたたかい言葉」【2017年12月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

「無理せんとー。」
「お母さん、大丈夫ですか?無理はしないで、休んでくださいね。」
「顔色悪いですよ、無理しないでください。」
「子育てから離れて療養に集中してみては?」

うん……。みんな優しさから出る言葉はと思うけど……、無理なもんは無理で、世のお母さん達がお母さんを休めないのと同じで、苦労してるのは私だけじゃなくて、やれるだけやって、限界の幅を120%、200%、750%って感じで伸ばして行くしかないねん。

道で倒れてたら、知らないおばあちゃんが妊婦と思って声かけてくれたのは気にならなかったのに、近しい、事情を知る人から、無理するな、休めと言われると複雑な心境になってしまう私。(私自身の→)性格悪いなと分かりながら、どこに休める時間あるさ?私が休んだらこの子達どうなるさ?無理するな、無理するな、って、誰か代わってくれんの?って思ってしまう……。

もう、何も言ってくれるな、と、いう心境。

ワンオペ育児している世の中のお母さん達も、こんな気持ちになるよね……と思いながら。

だから、障害者が子供なんて産むなって言ったのよって親族から怒られそうと思いながら。

冷たい沼のようなサイクルに足を取られないように、ゆっくり、ゆっくり、這い上がる……。

つづく。