かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第493話「弟Aくんのお薬の効果」【2018年1月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

弟Aくんが飲み始めたインチュニブの効果が見えてきました。冊子には二週間後から実感があるというように書かれていましたが、Aくん本人も周りの大人も変化を感じています。

●保育園の先生:「変化は特にないです。Aくんはいつも通りずっといい子ですよ。」
→Aくん本人曰く、「保育園では周りが幼稚すぎて、物を取られたり、遊びのルールが守られずイラつくけれど、薬を飲み始めてから自分の中のイラつきがなくなった。」。先生がかなり厳しい&コワイので、Aくんが感情を外に出す事はなく、先生の目から見たら変化はない様子。

●パパ:「変化は感じられない。Aは、いつも通りいい子。」
→保育園と同じで、パパも厳しい&コワイので、Aくんが感情を出す事はない。

●ヘルパーさん:「話し方がゆっくりになった。行動が少しゆっくりになった。」
ADHDらしい忙しさを持ち合わせていたAくんですが、薬を飲み始めてから、衝動性が抑えられ、1つの行動のターンが長くなりました。

●私:「兄弟喧嘩の時、今までは1日3回は発狂していたが、2日に1回くらいになった。ベストではないけど、ベターな感じ。喋り方が優しい。移動がスムーズ。長時間、黙って待てる。座っていられる。」
→全体的にいい効果を感じますが、Aくんが我慢する回数が増えると、Sくんの暴言が増えている……そんな感じがします。バランスが難しい。

訪問看護OTの先生:「変化は特にありませんでした。いつも通り、保育園での嫌な事などを話してくれました。」
→信頼関係のあるOTの先生には色々話しているようです。いい意味で、自分を見せられているので、薬による変化は感じられないのだなと思います。

●療育の先生:「暴言がなかった。勝ちたいという気持ちがなく、お友達に譲っていた。元気がない印象だった。」
→長年通って信頼関係のある療育の先生には、暴れる姿を見せていたAくん。それが出なかったようで、逆に心配されました。

一週間でここまで変わってきたのは、Aくんが「これを飲んだら絶対に効く!イライラしなくなる!」と強く信じているからかな?と思いました。プラセボ効果です。

Sくんとのバランスが気になる所ですが、いい変化はあるようです。薬を再開した機会だったので、周りに聞いてまとめてみましたが、外(保育園や学校)では、薬を飲んでも飲まなくても、我慢してコントロールしているだなと分かりました。つまりそんなストレスも自宅へ持ち帰っているというわけです。外では我慢、帰ってからもまた、ストレスを持ち帰っているSくんと喧嘩。Aくんの辛さがひしひしと伝わってきます……。

兄弟それぞれを分けるクールダウンスペースの確保、考えていかなければなりません……。

つづく。