かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第532話「人生は理不尽の練習なの?」【2018年2月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

「人生は理不尽の練習なの?」とSくんが聞いてきました。そうかもしれないと思いました。

また、虐めのリーダー格の★★くんから嫌がらせが酷いらしく、「学校へもうずっと行きたくない。」と言い出しました。"ずっと"とは、"卒業までずっと"という意味らしいです。

「虐めをした方がのうのうと生きて学校へ通い、虐めれた方が学校へ行けなくなったり、転校したりする。こんなのおかしくない?」とSくんは言います。おかしいよと答えましたが、おかしい事を変えてやる術を私は持っていませんでした。

また、同じクラスで連日暴力を受けている子がいるそうで、「恐過ぎて助けに入れない、自分が虐められていた時に周りが見ているだけで、悲しかったけど、今、自分は見ているだけの人になってしまった。」と言いました。

Sくん:「もしも僕が暴力を受けたらどうする?骨を折られるとか、窓から落とされるとか。」
私:「まずは死んだらあかんから…逃げてね。それから、何らかの被害が出た場合、警察に被害届出すから。」

話しながら、とんでもない環境に我が子を置いているんだよな…と再確認しました……。

つづく。