かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第542話「ある意味無敵」【2018年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

半年ほど前から、保育園の一週間分の荷物の用意はパパが担当してくれていた……ら、入っていないものがあれこれ。弟Aくんから、あれがなかった、これもなかったと言われるようになりました。私が再確認できる日はいいけれど、寝込んでいたらそのまま持って行ってしまう……。普通の年長児なら自分で用意するようになるのかもしれないけれど?弟Aくんはまだその段階にないし……のある日。

弟Aくん:「パパーまた入ってない物あったー。」
私:「え。また。パパ、一覧表は冷蔵庫にはってあるよ。悪いけどヨロシクね。Aくんも……自分で用意できるようになるといいね。今度パパとやってみたら?」
弟Aくん:「う、うん……。」
パパ:「もう、いんじゃね?卒園まであと少しだし。」
私:「え?何が?」
パパ:「もう、あと二週間くらいだし、忘れ物あってもいいやろ。」
弟Aくん:「パパが言ってる意味が分からん……。」

私も意味不明でした。気をつけてね→いや、気をつけなくていんじゃね?と返される事はよくあって。そこ、ひっくり返すかー!みたいな感じです。

間違いがあったよ→俺に頼まなきよいいんじゃね?必需品を買わなきゃならない→買わなくていいんじゃね?行かなきゃ行けない所があるけど体調微妙→行かなきゃいいんじゃね?PTAの悩みがある→悩まなきゃいいんじゃね?

ある意味、無敵です……。

つづく。