かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第550話「家族像」【2018年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

体調が悪くて一昨日は18時から腹痛でトイレへ。苦しむだけで出ないまま、夜中。1時になったら諦めて寝ようと思っていたら開通。そこから朝7時までトイレとお友達。さて……朝だけど、一睡もしてないぞ、私。足も浮腫んで豚足状態だったので、そこから3時間仮眠しました。ふらふらする……。

家事、育児、あります。パパに分担もしてもらいましたが、こんな日は間違いも続出。二人とも、弟Aくんにインチュニブを飲ませてしまいました。……つまり倍量。夜中に#0008へ電話して相談。脈拍50を切るまでは様子を見るように言われました。ギリギリ53の時もありましたが、大事に至らず朝を迎えました。

持病の悪化と老化とあると…子育てキツイな…というのが正直な感想。しかし、勝手に子供を二人も産んでおいて弱音を吐ける立場にない気もするし。複雑です。

どこか、頭の中に、"健常者の4人家族で、パパが仕事をしていて大黒柱。ママは専業主婦か、パートに出ている場合もある"…くらいの家族のモデル像があって、それとは全然違う自分達は、"間違いを進行"しているような感覚になる事があります。そんな時は大概、何かトラブルが起きて、家庭生活がうまく回らなくなった時です。

健常でスタートしても、病気になるかもしれないし、結婚しても、何らかの理由でシングルになったり…もあるかもしれません。家族の形は様々で、普通じゃないのが普通のこと。たぶん、完璧なモデル家族の方が少ないのだ…とは思うのですが、いつの間にか頭に刷り込まれた像と比較して、モヤモヤとする自分がいるのでした……。

つづく。