かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第558話「難しいこと、不安なこと」【2018年3月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *

春休み、Sくんの担任の先生から電話が。何だろう?と思ったら、"通級の先生も来てくださるので、個別指導計画書の学年末確認と、来年度へ引く継ぐための面談をしたい!"とのこと。こんなに丁寧な先生は初めてです。(今まで学年末の引き継ぎ面談などなかった)

Sくんの成長の様子と、学校での細やかな支援が記載されていました。具体的には普通学級で全体の中での学習支援の様子と、周りの子供達への障害理解について、通級指導教室では個別の学習支援とSSTについて。来年度はSSTで使用したカードゲームなどを普通学級の遊びの中にも取り入れて行くとの事。周りもいい意味で、Sくんの特別支援を気にとめないようになって来ているようでした。

この四年生という学年を、周りからの応援や支援と、本人の成長とで切り抜けた事は良かったと思いましたが、進路という面から見たら、これからどうして行くんだろうか……とふと不安になりました。この事は先生達や医師にもお伝えしました。

今が良くて、これからも良いかは分からない。進路についてはモデルになるようなレールもなく……。地道に出来ることから手を付けて行くしかありませんが、学校の先生達も医師も、苦い表情で下を向いて、しばらく黙って考えて、言葉を選んでおられました……。

つづく。