かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第579話「弟Aくんの反抗期」【2018年4月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *


パパに対して。くってかかったり、暴言を吐くようになって来た弟Aくん。パパがからかったり、厳しすぎる注意をしたりした時にその様子が出ますが、前後の話を整理して、お話してみても、"パパ嫌い、いなくなれ、死ね"の一点張り。Sくんもずっとそんな様子なので、二人の子供から言われて、パパはブチ切れ。 それから、言葉を鵜呑みにして、家を出て行くとか、仕事から帰らないと言い出すのでした。…叩いたり、暴言も出ます。"お前らなんかいなければ良かった、クズ、カス、死ね"、そんなような事を繰り返し言います。もう、お互い同じ低いレベルです。


お互いもう嫌いでいいから家族ごっこ的な…テキトーにできないかな?と提案してみましたが、三人共それぞれに"無理だ"と言いました。私は子供やパパから死ねと言われようが、パパからオバハンと呼ばれようが、あ、ATMが喋ってる…くらいにしか捉えなくなってしまいましたが、家族の三人はまだまだお互いに傷付くようで。痛みが分かるなら傷付けるのをやめれば…と私は思うのですが、やっぱり、特性が邪魔をして、相手の気持ちは分からず、"自分は一番の被害者だ"と言うのでした。


もしもこれが、反抗"期"なら、いつか終わるのかな?それとも始まりでずっと続くのか?…分かりませんが、家族四人でいたら地獄、少し数が減ってもトラブルは続き、一番穏やかなのは、それぞれが別々の場所にいる時なのでした……。


つづく。