かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第586話「遊び相手をする時間」【2018年5月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *


私が子供達の遊び相手をする時間が、パパにとっては無性に腹が立つらしくて。なぜなら、その間、パパは家事をしているから。よくある役割分担とは逆の我が家です。


家事の邪魔にならないように、子供達を座らせて、将棋を教えたり、トランプしたり。キャッキャと盛り上がる事もあり、必ずパパが言う事が「お前ら少しは手伝えよ。」。パパは家族みんなで家事に取り組みたいようなのです。それは……我が家の場合……無理だから……。


で、私が家事をやるから子供達と遊んでてーと交代すると、パパはスマホを見たり自分がゲームをしたり。子供達は二人で遊んで、最後には喧嘩します。そーじゃなくて!


私:「家事を担当しないなら、子供達と一緒に遊んでくれる?」

パパ:「いや、無理無理。」

 
外で自転車の練習とか、サッカーとかもしに行ってくれないので、Sくんは自転車に乗れなくなりました(汗)。私は体力的に無理で、弟Aくんには早めにストライダーを与えて、勝手に自転車に乗れるようにしました。


家事から離れると自分が遊んでしまい子供の遊び相手はできないパパ、やっぱり家事を担当してもらっていた方が効率も良く、子供達もご機嫌なのでした……。


つづく。