かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第592話「二人の家庭訪問」【2018年5月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *


GW中、弟Aくんの家庭訪問もSくんの家庭訪問も同日で続けて終わりました。どちらも少し長めに時間を設定してくださっていて、Aくんは30分間、Sくんは75分間でした(普通は15分)。どちらも、学校で問題なく過ごしているというやりとりでした。


弟Aくんは、"キチッと早くやりたい"タイプで、クラスのお友達で、ずっとお喋りして絡んできたり、わちゃわちゃしてしまう子に対して、Aくんが暴言で注意しているようで。そこは、学校でも、家でも直していきたいとお伝えしました。


Sくんは、休み時間に一人で教室で絵を描いているようで。本人は「俺は孤独だ…」「みんなはサッカーしてる…(かと言ってサッカーはしたくないから誘われると困る)」と毎日言います。先生も気になっておられるようで、週1回"みんな遊びの日"を設定しているので、その中で(サッカー以外の遊びを設定して)声かけしてくれる…との事でした。


どちらも個別指導計画書の内容確認があり、近々原本が出来上がるようです。計画的に特別支援をしてくださる流れと、先生方が穏やかで、笑顔で話されていて安心しました……。


つづく。