かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第607話「ツバメの子育てにご協力ください」【2018年6月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *


あちこちにツバメが巣を作り、雛を育てています。巣の下にはネットや新聞紙が敷かれ、フンがかからないように工夫されています。その横に、


「雛がトイレ訓練に入り、ツバメが努力して子育てしています。失敗してしまう事もありますが、ツバメの子育てにご協力ください」


と張り紙されていました。


人間の子育ての中にもトイレトレーニングがあります。保育園でサクッと取れる子もいれば、家庭で時間のかかる子もいます。早く始めても長くかかる事だってある。あと、本当に努力しても小学生になる頃までトレーニングが続いたら、病気の可能性もあると思うので、お母さんのしつけのせいじゃなくて、安心して診てもらって欲しいと思います。


ツバメの子育てを見上げながら、よそのどこかの知らない子供の子育てだって、応援していきたいなと思いました。


保育園設立は騒音被害が出るとか、公共交通機関の中で泣くなら乗るなとか言わずに、ぐっと堪えて。だって、みんな最初は赤ちゃんで、ウンチやおしっこを誰か大人に替えてもらって、ミルクやごはんを食べさせてもらって、生かされて大人になったのだから。野良赤ちゃんで勝手に大人になったんじゃないんだから。一度も泣かずに大人になったわけじゃないんだから……。


お願いだから、よそのどこかの知らない子供の子育てを、応援する気持ちで、見守ってあげて欲しいと思うのでした……。


つづく。