かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第611話「臓器提供の意思について」【2018年6月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。

* * *


Sくんが山の家へ行く前、行く子は全員、学校へ保険証の裏表両方のコピーを提出する事になっていました。裏面、臓器提供の意思についての欄があります。Sくん自身にどうするか聞き、色々話したところ……


Sくん:「ぼくはお葬式にこだわりがあるから、臓器は提供しない。お葬式に体がある状態でお別れをしたい。これは僕のこだわりやねん。」


わかったよ…と言い、記入しました。


ちなみに、パパは自分の遺体にもお葬式にもこだわりはなく、葬式はしないで終わりにして欲しいそうです。私の遺体はあちこち普通ではないので、臓器提供できるかあやしいな……と思いながら、研究に使ってくれるならそれでもいいと思いました。その話を伝えると……


Sくん:「お葬式にママの体がないのは嫌だから、臓器提供しないで欲しい。」


と言い出し語り始めました。近くにいた弟Aくんは何だかママが死ぬ事を想像して泣き出してしまいました。


Sくんがお葬式にこだわりがある事を知った出来事でした……。


つづく。