かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第653話「幸せですか?」【2018年7月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。


* * *


産婦人科で診てもらっている臓器脱は手術延期。泌尿器科で診てもらっている膀胱が硬くなっている事に対する処置は、手術の前に投薬治療をする事になり手術延期。大腸科で診てもらっている排便コントロールについては出血が続いているので検査入院する流れになりました。脳神経外科だけは変化なし(に、悪いまま)です。


あちこちガタが来ていて、悪いとこだらけ。年金の書類の為に計測もしてもらいましたが、ますます手足に力が入らなくなっていました。


その症状はいつから?前に検査したのはいつ?と聞かれると、症状は3年以上前から、大腸の検査をしたのは8年前……。自分のことが後回しになっていたと痛感します。日常生活が不便になる事、失敗が増える事、痛みが増す事に、私は慣れてしまっていました。


この10年、私なりに、必死に、子育て優先で来ました。ASD、LD、ADHDのあるSくん、ADHDASDのある弟Aくん、そして昔で言うところのアスペルガーかな?というパパ。たぶん私にもLDが。


幸せですか?と聞かれるとよく分からないまま、「幸せです」と答えます。幸せだとも思うし、不幸だとも思うし。やっぱり死ぬ事でしかこの不自由な障害のある身体とはお別れできないし、境遇も。美談はどこにもなく、どうにもならないのです。


諦める、捨てる、で、前を向いて来た気がします。


今日から夏休み、私の身体がこれ以上壊れたら、子供達が生活できなくなるので。程々に、淡々と、休みながら過ごします……。


つづく。