かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第682話「弟Aくんと熊本」【2018年8月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。


* * *


熊本から帰ってきたばかりの弟Aくんが、毎日、「熊本へまた行きたい」と泣きます。余程楽しかったのでしょう。それから、「前は熊本に暮らしていたのに、どうして京都へ来たん?ずっと熊本にいたかった。」と話していました。熊本から京都へ引っ越しをした時、弟Aくんは1歳の赤ちゃんで、意見は聞けなかったな……と思いました。


昨日も書きましたが……紆余曲折あって、熊本から京都へ引っ越しをした、私、Sくん、パパは複雑な想いもありながら、"通り過ぎれば生きる糧"ですが、まだ赤ちゃんだった弟Aくんは、なんで大好きな熊本の家族から離れなきゃならなかったの?という疑問だけが残ってしまって。納得できないだろうな……と思います。


弟Aくん:「熊本にいたらさ、ひいじいちゃん、ひいばあちゃん、じいちゃん、ばあちゃん、ねえねがいるんだよ!熊本のお家は部屋もたくさん余ってる。小学校も子供がたくさんいるって!」

私:「熊本に住んでみたい?」

弟Aくん:「うん!!!すぐ転校したい!!!」

私:「ママは……。一緒に行けないから。パパも仕事が大阪だから一緒に行けない。」

弟Aくん:「どうして?」

私:「ママは、車の免許がなくて、周りに何も病院もお店もないとこには暮らせないんだよ。あと、熊本ではヘルパーさんに来てもらえない。」

弟Aくん:「へー。そうなんだ。」

私:「ママが熊本に住めなくなったから、京都へ来たけど。Aが熊本にほんとに住みたいなら、また言ってね。考えるから。」

弟Aくん:「ぼく、家族4人で熊本に住みたいから、1人ならいいわ。またすぐ飛行機乗って遊びに行く。」


次は冬かな?かいじゅう兄弟が大好きな熊本、年に二回は遊びに行かせてあげたいなと思いました……。


つづく。