かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第695話「分解」【2018年9月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。


* * *


どっぷりSの進路に頭を使っていたら……。


あれ?


弟Aくんがオモチャを……


分解してる!?


そして、マジックで色を塗って、なんだか分からないけど、新しい何かを作っていました。最初に思ったのは、"パパが見たらブチ切れやな"。高い仮面ライダーのオモチャがバラバラって……きっと怒るよな……。次に思ったのは、"最近ほったらかしにしてたから、気を引いたいのかな?"。でも……なんだか楽しそうなので、分解についてはそっとしておくことにしました。


そういえば、私も幼稚園~小学校低学年にかけて、衝動的に分解していました。初めての分解は、ハワイのお土産の小瓶。水と青い油が分離していて、サーフィンする女の子が境目に浮かぶという商品。瓶を割りまして…、中身を出して…、ヌルヌルする部品を眺めていました。もう、メチャックチャに怒られたので、次からは分解したら元通りに直す事にしました。(直せそうに無いものは分解しない)


おそらく弟Aくんは、何かをしていないと落ち着かないタイプで。ゲームを飽きるほどして、iPadを飽きるほど見て、絵を飽きるほど描いて、おもちゃを分解して……する事がなくなると、爪と皮を剥がし始めます。


私の体調が悪いのと、Sのケアに時間を取られていて、それだけ弟Aくんを一人で過ごさせてしまっている……。週末は、工作をしたい!と言うので、二人でゆっくり時間をとって作り続けました。嬉しそうな弟Aくん。毎日こんな時間をとってやれたら、爪剥がしや皮剥がしや分解もなくなるだろうと感じたのでした……。


つづく。