かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第699話「人型」【2018年9月】

ご訪問いただき、ありがとうございます。読者登録をしてくださった方、星をくださった方、メッセージをくださった方、ありがとうございます。ありがとうを糧に更新を続けていきます。これからもよろしくお願いいたします。


* * *


"脱水してるからポカリ買ってきて"とパパに連絡したら…"飲みに行くから帰るの夜中になる"と。えー…死にそう。なんとか家事して、子供達に薬を飲ませ、再び私はトイレで吐き下し。目眩、頭痛、発熱、全身に痺れ、視界不良…。"脱水してるから"の意味が分からなかったのか…そもそも無関心なのか…死んだらラッキーくらいの感覚なのか…。もしくは全部の理由が当てはまるのか。"体調悪いよ"に対して帰ってくる答えが、"それがどうしたの?"、"俺は元気だよ"。結局、本人の中では、遅く帰ろうが、"とりあえずポカリ買ってきたから頼まれごとはこなした!OK!"という感覚みたいです。


ふと、弟Aくんを出産の時、私は死にそうな想いをしていた(里帰り出産の帝王切開予定日より2週間早く出血、ウテメリンで止めて、手術予定日を迎えるも、腰椎麻酔が効かず。弟Aくんも臍の緒が絡まり瀕死状態、というわけで、麻酔なしで帝王切開された。)のに、パパは、友達から出産祝いの飲み会に誘われて"めっちゃ楽しかった"という話を聞いた時を思い出しました。"は?誰がAを産んだの?お前、何、祝われてんの?"と私は怒りましたが、"だって入院してるしお前は飲み会来れへんやん"とか、訳の分からない事を話していました。"飲み会行きたいって話じゃない!私が死にかけてる時に何楽しんでるんだよって話だよ!"と言ってみたら、その時も、"俺、妊娠してないし。元気だし。飲み会楽しいし、行くやろ"という言葉が帰ってきました。


まぁ…パパがそばにいたとしても、Sをなじり、弟Aくんをいじり、喧嘩が勃発して、イラつかせられるだけ。いなくてなんとかなって来たなら、いなくて良かったのかもしれませんが…。いつか、私が死ぬ時、パパは飲み会してる気がします。たぶん連絡に気付いても、飲み会終了してからしか帰りません(笑)。別に焦ることもなく普通に帰り、"葬式は金かかるからしない!とっとと焼いて海に撒こうぜ!"とか言い出します(普段からずっと言ってる)。だから、かいじゅう兄弟に、もしもの時の段取りは話しておかないとと思います。私がいなくなった事、友達や親族には知らせて欲しいし、別に海に撒かれたくないし。


パパのおかしさ、なかなか、周りには伝わらないけど。すっごくズレていて、まるで、心の入っていない人型みたいです。残念ながら…Sも似たところがあって。弟Aくんも少し似ています。根本はもしかしたら変わらないかもしれないけど、母親が倒れた時の手順、母親が死んだ後の手順は間違えないで欲しいと思います……。


つづく。