かいじゅう兄弟

二分脊椎症のママと発達障害のかいじゅう兄弟が繰り広げるドキュメンタリー

第760話「リビングの音」【2018年11月】

ご訪問いただき有難うございます。これからもよろしくお願いいたします。


* * *


パパは年を増すごとに神経質に、細かな事を注意しまくるようになりました。


昔と比べたらかいじゅう兄弟は大人しくなり、毎日叫んだりもしません。普通にリビングでそれぞれゲームしたり、小声で私と会話したり。


でも、パパは、リビングで自分が見るテレビが最優先なので、私達三人に、「一滴も音を立てるな」と言います。ゲームやアイパッドはイアフォンをして、でも、会話や生活音も0にと言われます。


私:「一緒に生活してる以上、それは無理やわ。ここはパパの部屋じゃなくてリビングだよ?」

パパ:「俺の家だ。支払いは俺がしている。頼むから一切音を立てないでくれ。」

私:「いや、無理だって。リビングで勉強したり、ご飯食べたり、会話だってあるし。それか、パパが子供部屋と交換して、個室に入る?」

パパ:「……。」


おそらく……パパが理想とするリビングの空間は、私達三人が寝た後に訪れます。広い空間で一人で過ごしたいそうなのです。


一部屋多い住宅へ引っ越しか、別居か、単身赴任希望を出してもらうか、離婚か……。私達四人は、一緒にいると、お互い息が詰まるのでした……。


つづく。